デザインデータのファイル形式

ロゴマークのデザインデータのファイル形式

デザインデータのファイル形式にはいくつかありますが、ここでは当店でロゴをご購入いただいたお客様に納品させていただく5種類のファイル形式についてご説明します。

AI(エーアイ)形式

まず、ロゴのマスターデータとなるのがイラストレーター形式のai(エーアイ)ファイルです。拡張子は「.ai」です。アドビシステムズのグラフィックデザインソフト「Adobe Illustrator」で作成するデータのことです。aiは制作物を作るうえで大抵の印刷所や看板屋さん、グッズ等の制作会社とやり取りする際のベースとなるデータで、拡大・縮小・変形といった編集を行っても劣化しません。
イラレは主にロゴやアイコン、イラスト、地図など線や色、塗りがはっきりしたもののデザインに向いています。
発売された順にバージョンがあり、新しいバージョンのイラレでは古いイラレで保存したファイルを開けますが、古いイラレでは新しいイラレで保存したファイルは開けません。また、バージョンによって表示に違いが出てしまうこともありますのでご注文ください。

EPS(イーピーエス)形式

拡張子は「.eps」です。大抵は業者にaiを渡せば制作物を作っていただけることが多いのですが、eps指定される場合が稀にありますので、その際はEPSを渡してください。ただし、IllustratorでのEPSは透過効果など効果を使っている場合、再現できない場合があるため注意が必要です。

AIとEPSはベクターデータ

ベクターデータを説明するためのグラフィックデザインの画像

納品内容のaiとepsはベクターデータと言い、ソフト内(Illustrator内)で演算によって表現する形式のため、四角のマス目の羅列で表現されるビットマップデータとは異なり大きく拡大しても劣化しないため、例えば屋外の看板を制作したいということで看板屋さんにロゴのaiデータを渡せばロゴが大きく入った看板の作成を依頼することも可能です。

PSD(ピーエスディー)形式

拡張子は「.psd」です。Adobe(アドビ)のPhotoshop(フォトショップ)という写真の編集に使われるソフトで使用されるビットマップ画像形式です。フォトショップは写真の合成・加工・補整・レタッチなど様々な編集ができるソフトです。上記のような写真編集のほか、CGイラストやパチンコ店の広告等の作成にも幅広く使用されています。

PNG(ピング)形式

拡張子は「.png」です。JPEG形式と同じようにフルカラーが使用できますが、ファイルサイズがJPGより大きくなります。背景を透過処理できるので、PNG画像の下に背景を敷くこともでき便利です。比較的新しいファイル形式ですが、ウェブ上で扱う形式として開発されたため、WEB制作でよく使用されているファイル形式です。色数の少ない画像では、JPEGに比べてファイルサイズを軽くできます。

JPEG(ジェイペグ)形式…拡張子は.jpgまたは.jpeg

JPEG形式(写真データ)を説明するための画像

拡張子は「.jpg」または「.jpeg」です。デジカメやスマホで写真を撮影すると通常この形式で保存されます。写真等によく使用される画像圧縮形式です。目には見えにくい色を省きデータを圧縮することにより、ファイルサイズを小さくできますが、その分画質は劣化します。(単純にJPG画像をコピーする、開いて見るだけでは劣化しませんのでご安心ください。)多くの色数(1,670万色まで)を保存するのに適しています。綺麗な表現ができ、容量を軽く出来るので、ウェブサイト制作時にもよく使われます。

 

タイトルとURLをコピーしました